七田式 7+English 1日分を10分でやる方法

七田式英語教材7+English雪だるま式暗記法

 七田式 7+English って1日分の勉強量が20分程度ってなっているけど

 本当に1日分は10分で終わるの? って思っている方もいるかもしれません。

※ 私は 七田式英語教材 7+Englishを3回やって で基礎英会話が完璧になりましたがその秘訣を教えます!

公式HPhttps://7plus-en.com/

 

1日分を10分でやる手順

 私が推奨するやり方をして頂ければ10分で終わります!

 

1.通し音読  (約 分)

まずその日のフレーズをテキストを見ながら1回音声で聴きながら音読する。

(※下画像のように1日分の音声は2ファイルに分かれていて、

その日分だけを聞くDayファイルと3日前からのフレーズを

復習するためのcheckファイルがあります。

ここではまず Dayファイルだけを使用します。)

 

七田式 7+English の音声ファイル

七田式 7+English の音声ファイル

2. フレーズ毎暗記 (約 1 分)

 次に、音声は止めて、テキストの右側を紙などで隠して、

日本語から英語フレーズが言えるか?確認します。

初回はだいたい言えません(;^_^A 

 

3. フレーズ毎暗記で10フレーズ全暗記 (約 分)

 再度、日本語から英語フレーズが出るまで繰り返します。

驚くことに2,3回で全部出るようになってしまいます。

人間の一次記憶ってなかなか凄いものですね。

 

4. 当日分のみチェック (約 分)

 3日先の check ファイルを開くとその日の分の音声が一番最初にチェックできるので、

日本語の後に英語がすぐ言えるか確認します。

 

5.復習分含めチェック (約 分)

 最後にその日の check ファイルを開き、

直近3日分と合わせて英語フレーズが言えることを確認しましょう!

 

6. 終了 (合計 10 分)

 当然、集中してやったらちゃんと10分程度で終わる分量です。

しかも直近3日分の復習もその中に含まれてます!

 

 復習の部分がなかなか言えないのでは?と思うかもしれませんが、

何気に昨日憶えたことは結構すぐ思い出すことができます。

 

 3日前のフレーズも3日間やり続けているので、

こちらは本当に反射でフレーズが出るようになっています。

これは実際にフレーズが出るようになると結構感動すると思います!

 

 何も考えずにあたりまえのように日本語から英語フレーズが出てくるようになります。

ここまできたらもう実際に試して体感するしかないですね!

公式HPhttps://7plus-en.com/

 

プレゼンテーションでも使える雪だるま式暗記法

 ちなみに上の手順の2、3番のように1フレーズずつ隠して言えるかどうか確認して、

言えなければすぐ答えを見て、また隠して言えるようにする。

 

 それを1フレーズずつ積み重ねて多くのフレーズを暗記してしまうというのは、

雪だるま式暗記法といい、プレゼンテーションのセリフを全部覚えてしまうのにも使えるテクニックです!

 

 これは非常に使えるテクニックです。プレゼンテーションがとても緊張して

困っている人にもかなり使えるテクニックです。

 

 セリフを全部憶えてしまうと、

緊張感がかなり無くなることも体感できます。 

この雪だるま式記憶法を使うとまず、

セリフを覚える、

セリフに体の振りをつける、

スライドをめくる流れを覚える、

とプレゼンテーション準備の流れが自分の中で分業できるようになります。

 

とても使えるので是非使ってみて下さい!!

公式HPhttps://7plus-en.com/

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA