七田式英語教材7+EnglishでTOEIC SW対策

SW

今後英語テストがTOEICのまま続くと思いますか?

 

公式HPhttps://7plus-en.com/

 

現在のTOEICテスト LR(リスニング/リーディング)は評価されなくなるかもしれませんが、七田式英語教材 7+Englishをやれば TOEIC SW 対策がほぼ完璧にできるようになります!

listen

 現在は英語熱の増加とともにTOEICの受験者が増加傾向にあり、

TOEIC高得点者は社会的に良い評価をえられる状況が続いています。

 

 が、ご存知のようにTOEICはリーディングとリスニングしかありません。

しかも4択問題しかありません。

ボンヤリ単語が聞き取れたりすると推測でクイズに答えることができるので

TOEICハイスコアでも英語が話せない人がかなりいます。

 

 このままいくとどこかのタイミングでTOEIC SW(スピーキング/ライティング)

が評価対象、もしくは iTEP等の新しい試験に移行されていくことは間違いないでしょう。

 

TOEIC SW は基本的な問題がほとんど

sw

 TOEIC SWはテキストをみてもらえればわかるように

かなり基本的なスピーキングとライティング能力を問う問題が多いです。

 

 これはまさに七田式英語教材7+Englishをやっていればほぼ完璧にできるレベルのものです。

七田式英語教材7+EnglishのHPにはTOEIC対策にならないと書かれていますが、

それはLRについて言っていることで、SW対策としてはかなり役に立ちます。

 

私も 七田式英語教材 7+Englishを3回やって 基礎英会話が完璧になりました。

 

 七田式英語教材7+Englishを学習すると基本的な会話の骨組みが網羅されているので、

スピーキングで困ることはまずありません。

特有の単語が出て来ない場合もそれを補うように説明すれば加点してくれます。

 

七田式英語教材7+Englishで憶えたフレーズの応用だけで大丈夫です。

 七田式英語教材7+Englishで600のフレーズを憶えられるようになるので、

TOEIC SWで回答する際は、憶えたフレーズの一部を回答の内容に合わせて

置き換えるだけで大丈夫です。

 

 ライティングはスペル間違いをすると減点になるので、

問題集で間違えたスペルはちゃんと憶えて書けるようにしなければなりませんが、

何回か問題集をやるとだいたい出てくる単語の傾向もつかめるので全然問題無いと思います。

 

 七田式英語教材7+Englishをやるとテスト中も文章が書けて書けてしかたない感じになります。

 

公式HPhttps://7plus-en.com/

 

TOEIC SWのスコアが高ければ TOEIC LRのスコアはいらない!

 TOEIC LRのスコアってどのような時に必要になるでしょうか?

これは 昇進条件 or 就職/転職 のときだけですよね?

で、1番使っているのって就職/転職の履歴書に書くときだと思います。

 

 就職/転職の時に、TOEIC LR 高得点と書いてあるのと、

TOEIC SW 高得点と書いてあるのとどっちがインパクトがあると思いますか?

 

 これは面接官がアホでなければTOEIC SWだと思います。

普通の認識ではTOEIC SWの方が難しく実用的と思われているからです。

しかし、訓練して早く結果が得られるのはTOEIC SWです!!

 

TOEIC SWは穴場試験

一般的にはTOEIC LRより難しいと思われているTOEIC SWですが、

内容は基本的で簡単です!

しかも結局こっちを勉強した方が使い道があるので、

TOEIC SWを勉強した方がコスパが全然イイです!

 

この際ハッキリ言ってしまえば、TOEIC LRの勉強を辞めて、TOEIC SWの勉強をしましょう!

 

TOEIC SW 対策に七田式英語教材7+Englishは最適です!

七田式英会話教材7+English効果の2ch評価グッド

 再度になりますが、七田式英語教材7+Englishで600フレーズを

たった60日で丸暗記してしまえばTOEIC SWの対策としては

かなりのところまでレベルアップすることができます。

 

 一旦、七田式英語教材7+Englishをやってしまってから、

TOEIC SW対策をすると非常に効率よく強力なアピールポイントを作るができます!

 

公式HPhttps://7plus-en.com/

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA