まだTOEIC勉強で消耗してるの?七田式英語教材 7+English

七田式英会話教材7+English効果の2ch評価バツ

TOEICの勉強で英語を話せるようになりましたか?

私は 七田式英語教材 7+English を3回やって 話せるようになりました。

公式HPhttps://7plus-en.com/

TOEIC受験者の8割が 日本人と韓国人 という事実を知っていますか?

 TOEICはTOEFLと似た名前なので国際的に広く受験されている試験だと思われがちですが、

実際は日本人が考え出した日本人向けのテストです。

 テスト自体の開発はETS(Educational Testing Service)というアメリカのテスト作成業者に委託して作ってもらっています。

最近は検定ビジネスも流行っていますが、TOEICはその走りと言っても良いものです。

 表向きは全世界でテストを実施となっていますが、実際受験しているのはほとんどが日本人と韓国人なのです。

これでは特に海外で働こうとなった際に指標になりませんね。

ちなみにTOEIC全受験者の65%が日本人、12%が韓国人ということのようです。

しかも韓国ではTOEIC高得点者の英会話力の無さが問題になり、既にTOEIC離れが進んでいます。

 

TOEIC LRでは当然英語を話せるようになりません。

 実際TOEIC点数が800点以上なのに英語が話せないという残念な人間を製造するための試験、

と言っても過言でないほどそんな人達を世に送り出している実態があります。

 

 世の中に普及しているTOEIC(LR)はリスニングとリーディングしかないですよね。

TOEIC(SW)スピーキングとライティングは全然まだ普及してません。

 

「聞くことと読むこと」のトレーニングしかしてないので、

「話すこと書くこと」と言ったアウトプットができないのはむしろ当然なのです!!

 

 JALT(全国語学教育学会)などでは英語によるコミュニケーション能力を

リスニングとリーディングだけで測ろうとすること自体に無理があるというレポートを

何本も出しているようです。

 

 この試験の普及を促進している側に大きな利権が絡んでいるのでは?推測したくなりますね。

 

公式HPhttps://7plus-en.com/

 

こんな状況の中TOEIC高得点を推奨する企業は頭がおかしいのでは?

 名だたる日本の大企業がTOEICの勉強を推奨しておりますが、

それはかなり目標設定が誤っているとしか言いようがありません。

 

 彼等の言葉で言えば KPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)が間違っている

としか言いようがありません。

 

KPIを達成したとしても彼等の望んでいる人材にならないからです。

 

 それよりもビジネス英会話のレベルを指標にした方が全然効率的です。

現状のままだと忙しい社員の貴重な時間とお金を無駄なことに消費させているに過ぎません。

 

本当に英語力のある人の採用を考えている会社は英語の面接をする!

 結局そうなんです。

本当に英語力を必要としている会社は英語で面接をします。

つまりいくらTOEICが900点以上といっても実際に仕事でつかえる程度の英語が話せないと

面接でバレてしまうんです。

 

 何気に本当に英語力を必要としている会社の場合、足切ラインはTOEIC900点台です。

それ以下ならTOEICのスコアを書くとむしろマイナスポイントです。

 

 英語はそこそこ話せるのにTOEIC900点はTOEIC専用の勉強をしてないので

点数がとれないという人は、TOEICのスコアを書かない方が得策です。

 

英会話ができるようになってからTOEICを受験する方が効率がイイ!

 これがおかしな話で、TOEICの勉強をしてTOEICのスコアを上げるのはかなり難しく、

英会話ができるようになるよりかなりの時間を要する

(特に700点以上からスコアを上げるのは難しいです)のですが、

英会話ができるようになるのは正しいやり方をすればそんなに時間がかかるものではありません。

 

 英会話ができるようになってTOEICを受けるとスコアが一気に上がった

という話はよく聞く話ではないでしょうか?つまり順番が逆なんです。

 

 TOEICより英会話習得の方が簡単なんです。

 

で、英会話ができるようになったらTOEICもスコアが取れるようになっているんです。

 

結論 : TOEICで消耗するより先に英会話を勉強する方が良い!!

 

公式HPhttps://7plus-en.com/

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA