40代で英語ができる人の年収はできない人より200万円高い!?

英語力で年収格差が発生

 私は、七田式英語教材 7+English を 3回やって基礎英会話完璧になりましたが、

英語力ができても収入ってたいしてかわらないんじゃ?と思っている人いますか?

公式HPhttps://7plus-en.com/

 

40代で200万円、50代で400万円の収入格差が!

 国税庁が発表した調査によると英語力での年収格差は顕著に出ているようです!

 30代では英語力の給与格差はまだまだ数10万くらいでも、

40代から格差が開きはじめ国税庁の調査では

なんと200万も年収が変わっているそうです!

 

 50代になると更に広がり400万も年収格差があるとのこと!

やはり40,50代からは仕事のステージも変わってきますからね。

( 参照 : http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1409/22/news085.html )

 

 ちなみに企業が英語人材として採用を決める際の決定基準は、

ある程度の年以上になるとTOEICスコアでもなく、英検でもなく、留学経験でもなく、

本人申告の英会話力だそうです!要するに話せないと意味がないです!

 

 英語の実務というと、英語でメール、英語で会議、英語でプレゼン、

英語で商談などをこなせなければなりません。実用スキルがないとダメです!

 

 TOEICの勉強をしてもこれらが身に付くか?と言われたらNO!

としか言えないと思います。確かにメールやビジネス資料の読解は問題にでますが、

その書式を憶えるようになるか?と言ったら憶えないでしょう。

 

 やはり、手っ取り早く勝ち組になるには英会話が

できるようになるのが効率が良い! 

ということになりますね!

 

公式HPhttps://7plus-en.com/

 

グローバル化で今後は更に広がる!?

 現状ですらこの状況です。10年前はこんな格差があったでしょうか?

無いですよね!これからの10年で更に格差は広がります。

もしくは 英語ができない人の職場がかなり

少なくなる可能性すらありえます。

 

 今迄ドメスティックだった産業も外人を採用し始めていると思いますが、

10年後はその人達の中から多くの幹部が誕生します。

そうなった時に英語でコミュニケーションがとれるかどうかは本当に大事な要素になって来ます。

 

 もちろん英語が話せなくてもカバーできるだけのパーソナリティーが

その人に備わっていれば全く問題は無いのかもしれませんが、

そんな能力を得るよりも、英語力を得る方が断然簡単です!

 

 英語はたった60日で話せるようになります!

まず英語力を身につけて年収200万アップを目指しましょう!

 

公式HPhttps://7plus-en.com/

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA