超「効果」倍増勉強法!七田式英語教材7+English

七田式英語教材7+Englishの効果倍増

 私が実践して英会話ができるようになった七田式英語教材7+Englishを使った超「効果」倍増勉強法を伝授します。とても簡単です。

60日で誰でも英語が話せるようになる英会話教材の決定版

英語フレーズの暗記はこのやり方ですぐ完璧になります!

  • 段階雪だるま方式(Step-by-step Snowman Method)で英会話フレーズを1文ずつ覚えよう!

 

準備するもの:「七田式英語教材7+Englishのテキスト」「白紙」「やる気(笑)」の3点、


七田式英語教材7+Englishの1日の勉強量はテキスト見開き1ページ分(10フレーズ)です。

七田式英語教材7+Englishの教材(一部抜粋)

七田式英語教材7+Englishの教材(一部抜粋)

 

 ここで 段階雪だるま方式 のやり方を紹介するのにあんまり簡単なフレーズでやっても良さが伝わらないので、七田式英語教材7+Englishの中でも若干難しめな例文でやってみたいと思います。例えば以下のような例文で実験してみましょう!

例文)I don’t know if this bullet train stops in Kyoto.

(この新幹線が京都に停まるかわかりません。)


パッと見難しい英文だと思いましたか?

 でも、大丈夫です。まずは、例文をゆっくり1回読んでください。
そして次に日本語訳を読んでください。

 英文でわからない単語があれば英辞郎(http://www.alc.co.jp/)などで調べてください。まずゆっくりであれば例文の意味を理解しながら読める状態にしてください。

 ちゃんと読めるようになったら、何度か音読してください。そして下の写真のように英文の後ろ半分を隠してください。

七田式英語教材7+English右半分隠し

七田式英語教材7+English 右半分隠し


 隠した状態でフレーズが最後まで言えますか?(日本語訳は参考に見ても大丈夫です)

 言えない場合は、白紙をどかして再度英文を音読してください。その後に、また白紙で後半分を隠して英文を最後まで言えるか確認して下さい。

今度は最後まで言えましたか?

 この「隠す&確認」をちゃんと言えるようになるまで繰り返してください。ビックリするくらいそんなに時間がかからないで言えるようになることがわかると思います。たぶん2,3回も繰り返さないで言えるようになります。

 英文の後半を隠して言えるようになったら、今度は前半半分を隠して言えるようにしてください。要領は「後半隠し」と全く同じです。すでに前半部分は何回か音読しているので更に早く言えるようになっていると思います。

七田式英語教材7+English 左半分隠し

七田式英語教材7+English 左半分隠し

 そして最後に例文1フレーズ全部を隠した状態で全部言えるか確認してください。結構すぐに英文全部を隠した状態で言えるようになると思います。つまりこの時点で英文1つをちゃんと記憶できたことになります。

 英文1フレーズを覚えるのって思っていたより全然簡単じゃなかったですか?

 このようにちょっとしたコツを使って覚えると覚える作業が仕組み化されて、だいぶ簡単に短時間で英文を記憶することができます。

 

  • 次の英文フレーズも同様に記憶します。

 1つのフレーズでできればあとは簡単です。次のフレーズも同様に丸ごと暗記してしまいましょう。やればやるほど暗記慣れして覚えるのが苦でなくなってきます!

  • 2つ目の英文フレーズからはすでに覚えた英文フレーズも続けて言えるようにしましょう!(日本語訳は参考に見て大丈夫です。)

 2つ目の英文フレーズも同様にして覚えたら、今度は1つ目の英文フレーズと2つ目の英文フレーズをどちらも隠して、続けて連続して言えるようにしましょう。これを続けて3フレーズ、4フレーズと丸暗記して言えるフレーズを徐々に増やしていきます。

 やってみるとわかると思いますが、こうすると案外簡単に何フレーズも丸々暗記することができてしまいます!1フレーズのみの暗記なら特に驚きはないかもしれませんが、複数のフレーズがいとも簡単に丸暗記できることは驚きではないでしょうか!?(雪だるまを転がしてどんどん大きくなっていく感じで使える英語の範囲が膨らみます!)

 これを10フレーズ目まで音読して繰り返します。

  • 仕上げに 10フレーズ目 → 1フレーズ目 と順番を逆にして隠して言えるかも確認しましょう!

 これは念のための確認です。これでしっかり隠して言えれば英文10フレーズ(1日分)を丸ごと覚えたことになります。

 

 やってみるとわかると思いますが、1日分であれば案外時間がかからないで全て覚えきれてしまいます。これは各英文フレーズが同じキーパターンに基づいた英文であるからでもありますが、ビックリするくらい早く1日分の英文10フレーズを暗記できてしまいます

 段階雪だるま方式で一回まるまる覚えてしまった英文を聞いてみてください。まるまる覚えてしまった英文って頭から意味を理解しながら聞くことができていませんか?

 この状態が「英語ができる人が英語を聞いているのに近い状態」です。特定フレーズについては英語がちゃんと聞けてる(文頭から理解しながら聞けてる)という状態を作ることは非常に重要なことです。

 

 この状態を60日分(合計600フレーズ)でできるようになると 英語の世界が変わってきます  基本的な英語フレーズで脳が英語を聞けているという状態を認識するので、他の応用的なフレーズでも英文を文頭から理解しながら聞こうというモードに入ってくれます。

これが「英語が使える状態になる」ということです。

 このように段階的に少しずつ、でも、「確実に」使える英語を増やすということが七田式英語教材7+Englishの教材を使うとできるようになります

是非、七田式英語教材7+Englishで試してみてください!!

 

60日で誰でも英語が話せるようになる英会話教材の決定版

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA