七田式 7+English更に効率良く確実に習得する方法

七田式英語教材7+Englishにはソニーウォークマンがいい

 私は 七田式英語教材 7+Englishを3回やって基礎英会話が完璧 になりましたが、

私は基本的にはテキスト推奨の400%学習法は完璧だと考えています。

が、より確実により効率良く習得できる方法があると考えております。

 

公式HPhttps://7plus-en.com/

 

七田式英語教材 7+Englishを更に効率よく勉強するための「800%学習法」があります。

 それは私がたまたま400%のつもりでやっていた時に気が付いたのですが、

1日分を朝と夜の2回全く同じものをやるということです。

つまり800%学習法です。

 

 1日分の分量が約10分で終わるので、朝、夜、2回でもたいした負荷になりません。

しかも夜は朝やったやつと全く同じなので時間も若干短縮されます。

 

 よくやってしまいがちな過ち は、朝1日分やって夜に次の日の1日分をやってしまう ことです。

これは800%どころか200%になってしまいます。

 

 それは1つのパターンフレーズを2日間しかやらなくなってしまうからです。

頑張った割に効果が半減してしまうので絶対やめましょう!

 

 800%学習法では1つのパターンフレーズを1日2回で4日間やりますので、

より記憶に定着させながら取り組むことができます。

 

 前やったのが憶えているということが、モチベーションを更に向上させ、

プラスの相乗効果を生みますので、是非お試し下さい!

 

遅聴がリーディングに効く

 また更に応用編ですが、私はソニーのウォークマンを使用しておりますので、

倍速をプレーヤー側で変化させることが簡単にできます。

 

 1日2回の夜の方が終わってまだ余力がある場合、

ウォークマンで倍速を早くして単語が聞き取れるか聴いてみたり、

遅くして噛みしめながらよりイメージしながら聴くという取組もしておりました。

もちろん毎日ではなく、余力がある時だけです。

 

 速聴はリスニング対策に、遅聴はリーディング対策にとても良いです!

リスニング対策に速聴をやっている方は結構いると思いますが、

リーディング対策としての遅聴はまだあまりやっている方は少ないのではないでしょうか?

 

 リーディングは言ってしまえば、単語からイメージを浮かべるという作業です。

遅速でちゃんと聞き取った単語をしっかりイメージにつなげる練習をしたら、

リーディングで返し読みをしなくても大丈夫になります!

 

 TOEICのリーディングは時間との勝負になりますので、

返し読みをしているようでは高得点を狙えません。

ゆっくり聴きながら頭からイメージが湧くようにしてください

(日本語に翻訳して聴くようなことはしなくても大丈夫です)。

 

 大事なのはイメージです。

日本語に変換していると遅聴でもついていけなくなります。

是非、ご参考にしてみて下さい!

 

公式HPhttps://7plus-en.com/

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA